機密文書の廃棄

  1. トップ
  2. サービス
  3. 機密文書の廃棄

オフィスから日々大量に発生する文書。その大半は業務途上で廃棄されるものです。

機密文書の廃棄処理においては、機密性の確保はもちろんのこと、その作業負担の大きさ故に、効率性の改善も課題となっています。

また、持続可能な社会の実現に向け、環境を重視した再資源化の取組みは各企業・団体の重要な使命の一つです。

回収から機密抹消までの流れ

機密書類の廃棄 お客様 クリップやホチキスは除去不要ですので手間がかかりません。→DKS 機密文書の回収 ダンボール箱でお預かりしたものは無開梱、セキュリティボックスの場合は施錠されたまま処理場に持ち込みます。→輸送 廃棄対象の機密書類は、回収後処理完了まで追跡可能です。→処理 処理場に持ち込んだ後は即日処理致します。→各種報告書を発行 証明書等、各種報告書を発行いたします。環境保全への貢献 リサイクル率が高く、環境保全活動への貢献度が可視化できます。

セキュリティボックス

「セキュリティボックス」は、従来のシュレッダー処理に替わるオフィス文書の廃棄方法として、飛躍的にご利用が増えているアイテムです。

記録としての使命を終えた文書は、「セキュリティボックス」に投入いただくだけです。投入された文書は、国内最高水準のセキュリティレベルを誇る廃棄処理工場で破砕・溶解処理し、再生紙にリサイクルします。

書類はそのままボックスに投入するだけです。

回収後は処理施設の機密エリア内まで開錠することはありません。

袋交換型

容量:ダンボール約2.5個分
特徴:内袋を施錠し袋回収

ボックス交換型

容量:ダンボール約5個分
特徴:投入口を施錠し、ボックスごと回収

  • セキュリティボックスの種類は他にもございます。お問い合わせください。

導入事例

シュレッダーを廃止した事例
セキュリティボックスを導入した大手金融機関B社

移転時にサポートした事例
移転に伴い文書管理を見直したE社

  1. トップ
  2. サービス
  3. 機密文書の廃棄